NEWS & INFORMATION

2021/05/12 NEWS & INFORMATION

Raspberry Pi に魚眼レンズが取り付けられる!交換レンズ続々登場!

Raspberry Pi で超広角撮影を!

最近よく聞くIoT化。モノのインターネット化という意味で、簡単に言うとアレクサなどのスマート家電やロボット掃除機のことです。
これを個人でも作りやすいのが「Raspberry Pi 」。名前は聞いたことがあるという人も多いかと思います。
Raspberry Piは安価で高性能、シンプルで使いやすく豊富なパーツで拡張性も高いので、プログラム初心者からエンジニアまで人気のあるシングルボードコンピュータ。
これにレンズを付けて、監視カメラやドライブレコーダーにできるのが「Camera V2」ユニット。8メガピクセルでHD動画も3280 × 2464の静止画も撮れるすぐれもの。
このユニットをレンズ交換式にできるのが「VR220Camera」!自分で作る改造キット「RP-MK1」とすぐ使える組立済みユニット「RP-VC1」があります。
詳しくはこちらをチェック(https://products.entaniya.co.jp/ja/products/camera-module-mod-kit/raspberry-pi/

交換レンズは様々なタイプをご用意

交換用レンズは魚眼、超広角から広角までバラエティ豊かにご用意。用途にあったものが見つかるかも。
種類とサンプル画像はこちらをチェック(https://products.entaniya.co.jp/ja/products/camera-module-mod-kit/raspberry-pi/rp-lens/
ソニー製シングルボードコンピュータ「SPRESENSE」用のカメラユニットもあります。
詳しくはこちらをチェック(https://products.entaniya.co.jp/ja/products/camera-module-mod-kit/spresense/

「VR220Camera」を屋外で使用できる防水機能付き「全天候型ケース」もあるので、レンズとの組み合わせで様々な用途に対応できます。
「全天候型ケース」の詳細はこちら(https://products.entaniya.co.jp/ja/products/camera-module-mod-kit/all-weather-case/

ご購入、お問い合わせ、お待ちしています!